老害之人

  • 日本剧
  • 每集45分钟
  • <p>  昔話に説教、趣味の講釈、病気自慢。そ…<p>  昔話に説教、趣味の講釈、病気自慢。そうかと思えば、無気力、そしてクレーマー。<br/>  老害をまき散らす老人たちと、それにうんざりして「頼むからどこかへ行ってくれ」とさえ思う若年層。でも、口には出せない。<br/>  老害側にいくら言い分があろうと、若年層はストレスをためるばかりだ。<br/>  それなのに「終活」は早いうちから考え始めた方がよいと世間は煽る。<br/>  若年層のはずの50代、いや60に手が届く子供世代は得体のしれない焦りを感じている。<br/>  その子供たちも複雑な事情や心情を抱える。<br/>  一方の老害側も感じている。老人を婉曲に別枠に入れる世間の風を。<br/>  そして、人生百年と言われても、一体どう生きたらいいのか…と。<br/>  埼玉県川越の近くの街に住む一家を中心に、会社を娘の夫に譲った筈の戸山福太郎と、近所の老人5名=老害五重奏がコロナ禍に巻き起こす騒動と、家族たちの群像活劇。<br/>  双方の本音がぶつかった先に吹く風を描きます。</p>详情

老害之人评论

  • 评论加载中...